• ホーム
  • 性器ヘルペスに治療にはバルトレックスが有効!

性器ヘルペスに治療にはバルトレックスが有効!

性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスの感染が原因で発症する性行為感染症であり、治療にはバルトレックスが有効とされ多くの医療機関で第一選択薬として用いられている治療薬です。
バルトレックスは、バラシクロビルを主成分とするDNAポリメラーゼ阻害薬であり、主成分のバラシクロビルはアシクロビルの分子構造に必須アミノ酸のバリンを付加したプロドラッグです。
バルトレックスは、主成分のバラシクロビルが肝臓でバリンとアシクロビルに活性代謝され、さらにアシクロビルがヘルペスウイルスと感染患者のリン酸化酵素によりアシクロビル3リン酸にリン酸化される事で医薬効果を発揮する治療薬です。
アシクロビル3リン酸は、ヘルペスウイルスの拡散を構成する基質の1つであるヌクレオシド3リン酸と酷似しています。
ヌクレオシド3リン酸と置換結合する事で酵素DNAポリメラーゼの働きを阻害し、置換結合したアシクロビル3リン酸が間違った塩基配列を形成する事でヘルペスウイルスのDNA鎖の伸長を阻害すると共に増殖を抑制し症状を改善します。
また、バルトレックスは、神経細胞で休眠中のヘルペスウイルスに対しても有効とされ、再発抑制治療に用いられている治療薬です。

バルトレックスは、性器ヘルペスの治療時にはバラシクロビル換算で500mgを1日2回の経口服用を症状に合わせて5日間~10日間程度継続服用します。
バルトレックスは、抗ヘルペスウイルス薬の中でも副作用が比較的少なく安全性の高い治療薬とされています。
発疹や腹痛、下痢などの軽い副作用を稀に発症する事があり、既往歴や体質によっては発症頻度は非常に低いものの急性腎不全や精神神経の異常、間質性肺炎などの重篤な副作用を発症する事があります。
また、アシクロビルは、溶解度を超えると再結晶する特性があります。
脱水症状に陥ると腎臓の腎尿細管でアシクロビルが再結晶化して直径20μm~30μmの腎尿細管に狭窄や閉塞を引き起こし急性腎尿細管間質障害を発症させるリスクがあります。
バルトレックスの服用中には充分な水分摂取を心がける必要があります。

ヘルペスは再発が多いのできちんと治し切ることが大切

ヘルペスは、再発率が非常に高い感染症であり、特に性器ヘルペスは治療完了から1年間の再発率が約8割と高いのでバルトレックスによる薬物治療で完全に治し切る必要があります。
バルトレックスは、治療効果が高く服用開始から2日~3日程度で症状が沈静化します。
再発やヘルペスウイルスに耐性を獲得させない為にも自己判断で服用を中断せずに処方されたバルトレックスを用法用量に従って飲み切り、きちんと治し切る事が大切です。

ヘルペスは、感染後感染患者の細胞核にヘルペスウイルスの遺伝子情報を送り込むと共に感染患者の細胞を材料として増殖します。
増殖の最終プロセスで感染患者の細胞膜をウイルスを覆う外膜エンベロープとしてまとう為、感染患者の細胞と親和性が非常に高くウイルスの生息に適さない体内環境時には神経節の神経細胞で潜伏感染しまいます。
現在の治療薬ではウイルスを完全に死滅させる事は出来ず1度感染すると再発の原因となるヘルペスウイルスを体内に一生涯保有する事となり、医薬効果や免疫力が低下するとヘルペスウイルスが活性化され再発を繰り返します。

性器ヘルペスは、治療完了後から1年間の再発率が約8割以上と非常に高いだけではありません。
再発を繰り返すほど再発時の自覚症状が軽くなる事から再発に気付かずにパートナーに感染させてしまうリスクや感染患者によっては1年間に6回以上の再発を繰り返すこともあります。
精神的な負担を取り除く目的でバルトレックスによる再発抑制治療が保険適用で行われています。
再発抑制治療は、バラシクロビル換算で500mgを1日1回の服用を最低8週間~最長12カ月間継続服用する事で体内のヘルペスウイルスを約3分の1まで死滅させ、再発を抑制するだけで無く再発時の症状を軽減する医薬効果を発揮します。