• ホーム
  • 性病を確実に予防する方法とは?

性病を確実に予防する方法とは?

性病の感染を防ぐ予防方法には様々な種類があります。
コンドームなどの避妊具を用いて直接相手との粘膜接触を防ぐ事もそうですが、基本的には自分の意志で性病に感染するリスクを下げることが大事になります。
最も確実な方法として性行為を全く行わないのが性病にかかるリスクを最も下げることができますが、大切なパートナーがいる場合にはこのようなことはまず不可能でしょう。

それ以外ではやはり、不特定多数の相手との性行為を行わないのが大切になってきます。
自分やパートナーが性病にかかっていないのであれば性器周辺に病原菌が付着していたり不衛生な寝具を介さない限りは基本的には性病になることはありません。
パートナーがいるいないにかかわらず不特定多数の相手と性行為を行うことは、相手が性病の治療中であっても、また本人が性病を他の相手にうつされてはいるが発症しておらず自覚症状として発病していないことから感染させてしまう場合もあるので危険です。

性病は性器どうしの粘膜接触によるもののみで感染するわけではなく、ウイルスの種類によってはのどに潜伏できるタイプのウイルスも存在します。
フェラチオやクンニリングスといったオーラルセックスによって感染するケースもあります。

性病を予防する為には、屋外など不衛生な環境は避けてお酒の勢いやその場の雰囲気や感情に流されて不特定多数の相手との性行為を行わず、生理中など性器が傷つきやすいタイミングや性器の中に指を入れて傷つけてしまわないように注意をしましょう。
性行為の前には排便を済ませてシャワーを浴びたり入浴して性器周辺を清潔な状態にし、コンドームなどの避妊具などを使用して大切なパートナーのみと性行為を行うようにすることが大切です。

これだけまとめて書いてしまうと沢山の注意事項があるように見えますが、どれも日常生活において誰もが簡単にできることですし、また望まぬ妊娠や大切なパートナーを性病で悩ませたり苦しませたくなければ誰もが必ずできる事です。

コンドームのただしい付け方について

避妊具として学校などの教育機関でも教えられるぐらい有名なコンドームですが、実際に正しい付け方を完全に理解しながら使用している方は意外と少ないです。
特に女性は相手の性器につける避妊具の事になりますので知識が乏しくなってしまっても仕方がありません。
ですが、望まぬ妊娠や性病の感染を予防する為には知識だけでも身に着けておく必要があります。

具体的な装着方法ですが、まずコンドームの袋に表と裏が記載されている場合にはまずそれを確認しましょう。
書いてないようであればコンドームを袋の端の方に寄せて反対側の方を切って開けて、爪でコンドームを傷つけたり破いてしまわぬように注意しながら取り出し裏と表の確認をします。
精液だまりが巻いてある所の内側から出ている方が表になります。

続いて男性器への付け方になりますが、タイミングとしては男性器を女性器へ挿入する直前になります。
まず男性器の包皮を根元までたぐり寄せて精液だまりを指でつまんで精液だまり内部の空気を抜いて、精液だまりに空気が入らないように注意しながら男性器の先端にのせてそのままコンドームの巻いてある部分を男性器の根元まで巻き下げていきます。
この際に陰毛を巻き込まないように注意しないと、陰毛が性行為の最中に引っ張られていたい思いをしたり、外れてしまう原因になります。
そして一度根元まで巻き下げたら片手でコンドームを押さえ、もう片方の手で男性器を握りコンドームと包皮を先端側に動かして、更にコンドームを根元側に巻き下げて包皮とコンドームが一緒に動くようにします。

コンドームの付け方で重要になるのはコンドーム内部に空気を入れないことと亀頭を包皮から露出させた状態で装着し、包皮と一緒に動くようにすることです。
また性器のサイズは人により様々なので自分のサイズに合ったコンドームを使用することも重要です。